2018年04月11日 22:00

スズキ エブリィ 平成23年式 エンジン・チェックランプ点灯

カテゴリ:修理
岡崎の桜祭り。その最後を飾る家康行列も三日前に終わりました。
岡崎市内も混雑してましたが漸く落ち着きましたね。

エブリィのH23年式ATのお車。エンジン・チェックランプが点灯という事で
ご入庫しました。

確かにチェックランプが点灯してます。
そこでコンピューター診断機を繋げてみると・・・。

エンジンコンピューターと通信が出来ません。

さてここで何をしているか説明すると、エンジンが電子制御になった頃から
簡単に言うと、何処が故障しているのかエンジンコンピューターが教えて(覚えて)
くれるようになったのです。それで診断機を使い調べようとしたのですが
繋がってくれません。
さてOBD-ⅡコネクタこれはパソコンでいうUSBコネクタとみたいなもので
どの車も同じ形状のコネクタで診断機と接続します。
ここに電源+とアースーがきてるはずですが、資料を取り寄せて確認してみます。


どうやら電源とアースは正常です。
となると怪しいのはCANラインかコンピューター本体か?
CANとはISOで決められた自動車のシリアル通信プロトコルです。

コンピューターに繋がるコネクタのCANのラインを調べます。



調べたら導通無し!これだと思ったのも束の間、どこで断線してるのか
これは大変な作業になりそう(泣)


もう一度資料を見直しましょう。

コンピューターからOBD-Ⅱコネクタまでに一つコネクタがあるようです。
資料を読み返し、このコネクタがどこにあるか調べてみると

フット式のサイドブレーキ横にありました。
コネクタに入る線が断線してないか手で触ってると「カチッ」と。

え?外れかけてた?


慌ててコンピューターを元に戻し、診断機を繋げてみると・・・

繋がった!

おそらく、普通にサイドブレーキを操作していれば問題ないのですが
室外から足を延ばし、サイドブレーキを操作して蹴とばし、それで外れかかったのかな?
無事に診断機も繋がり作業完了したのですが、ここまで実は資料取り寄せ調べ含めて
丸一日かかってます。
修理内容がコネクタ外れかけで一日・・・。トホホな(うちにとっては)修理でした。



________________

【このブログは?】
車好きスタッフが揃ってる整備工場のブログです。
車検、修理、板金、自動車保険、新車、中古車販売 車の整備、修理ってどんな事してるの?なんてのを徒然紹介しています。

【車検について】
▼当社では予防整備も兼ねて車検整備を行ってます。その理由は・・・
予防整備つきの車検整備とは? →

(有)ホンダ自動車整備工場

【所在地】
444-0932
愛知県岡崎市筒針町字上荒子28
地図はこちら

【連絡先】
フリーダイヤル 0120-52-5377
TEL 0564-31-5377
FAX 0564-31-5396

【定休日】
第2日曜日、第4日曜日
同じカテゴリー(修理)の記事画像
自動車保険で車を治すお話
スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 冷却水漏れ
平成13年 プリウス NHW11 HVバッテリー交換
スバル サンバーバン TV1型 エアコン修理
マツダ ロードスター 平成19年式 NCEC型 走行異音
セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート2
同じカテゴリー(修理)の記事
 自動車保険で車を治すお話 (2018-06-09 19:30)
 スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 冷却水漏れ (2018-01-08 15:15)
 平成13年 プリウス NHW11 HVバッテリー交換 (2017-10-27 18:24)
 スバル サンバーバン TV1型 エアコン修理 (2017-09-08 10:00)
 マツダ ロードスター 平成19年式 NCEC型 走行異音 (2017-08-31 13:19)
 セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート2 (2017-07-15 12:00)

Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。