2018年01月08日 15:15

スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 冷却水漏れ

カテゴリ:修理
明けましておめでとうございます。今年も一年頑張っていきましょう!

年末は当工場も部品の入荷具合とか、いろいろ仕事も調整しなければなりません。
そんな中での修理を紹介します。

スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 スズキの愛車無料点検でご入庫したお車ですが
その時にターボの冷却パイプから水漏れを発見し、再度ご入庫していただきました。




中央斜めに渡ってるパイプに青色の粉状の汚れが漏れた跡ですね。
ワゴンRのターボはIHI製と日立製があり、このパイプも製造会社により
違うそうで今回はIHI製です。ターボに製造会社の刻印が打ってあるのですが
これが又、非常に見難い所についてまして、上の写真、臼型した部品の奥、
ターボのインテーク側ハウジングに付いてます。小さな鏡を利用しないとまず判りません。
(写真は撮り忘れましたw)

さて、バンパーとフードロックブレースを外します。


ヘキサゴンボルトを二本外し取り出します。


左の写真、ホースに付いてる工具はクランプです。エンジン内の冷却水を必要以上に
漏らさない為にここともう一か所で止めてます。

ターボとパイプの合わせ面、ガスケットカスが付いてますので綺麗にして・・・


新品の部品を取り付け、バンパー等元に戻し、終了です。

今回の水漏れ、実はこの車の使われてた場所による影響が大きいと思われます。
所有者は積雪地方の出身の方でこちらに引っ越してこられました。
おそらく融雪剤の影響でパイプが錆びて漏れたと思われます。
今回も点検の重要性をあらためて認識しました。




________________

【このブログは?】
車好きスタッフが揃ってる整備工場のブログです。
車検、修理、板金、自動車保険、新車、中古車販売 車の整備、修理ってどんな事してるの?なんてのを徒然紹介しています。

【車検について】
▼当社では予防整備も兼ねて車検整備を行ってます。その理由は・・・
予防整備つきの車検整備とは? →

(有)ホンダ自動車整備工場

【所在地】
444-0932
愛知県岡崎市筒針町字上荒子28
地図はこちら

【連絡先】
フリーダイヤル 0120-52-5377
TEL 0564-31-5377
FAX 0564-31-5396

【定休日】
第2日曜日、第4日曜日
同じカテゴリー(修理)の記事画像
スズキ エブリィ 平成23年式 エンジン・チェックランプ点灯
平成13年 プリウス NHW11 HVバッテリー交換
スバル サンバーバン TV1型 エアコン修理
マツダ ロードスター 平成19年式 NCEC型 走行異音
セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート2
セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート1
同じカテゴリー(修理)の記事
 スズキ エブリィ 平成23年式 エンジン・チェックランプ点灯 (2018-04-11 22:00)
 平成13年 プリウス NHW11 HVバッテリー交換 (2017-10-27 18:24)
 スバル サンバーバン TV1型 エアコン修理 (2017-09-08 10:00)
 マツダ ロードスター 平成19年式 NCEC型 走行異音 (2017-08-31 13:19)
 セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート2 (2017-07-15 12:00)
 セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート1 (2017-07-13 11:02)

Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。