R60車検

2018年01月08日 15:15

スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 冷却水漏れ

カテゴリ:修理
明けましておめでとうございます。今年も一年頑張っていきましょう!

年末は当工場も部品の入荷具合とか、いろいろ仕事も調整しなければなりません。
そんな中での修理を紹介します。

スズキ ワゴンRターボ 平成22年式 スズキの愛車無料点検でご入庫したお車ですが
その時にターボの冷却パイプから水漏れを発見し、再度ご入庫していただきました。




中央斜めに渡ってるパイプに青色の粉状の汚れが漏れた跡ですね。
ワゴンRのターボはIHI製と日立製があり、このパイプも製造会社により
違うそうで今回はIHI製です。ターボに製造会社の刻印が打ってあるのですが
これが又、非常に見難い所についてまして、上の写真、臼型した部品の奥、
ターボのインテーク側ハウジングに付いてます。小さな鏡を利用しないとまず判りません。
(写真は撮り忘れましたw)

さて、バンパーとフードロックブレースを外します。


ヘキサゴンボルトを二本外し取り出します。


左の写真、ホースに付いてる工具はクランプです。エンジン内の冷却水を必要以上に
漏らさない為にここともう一か所で止めてます。

ターボとパイプの合わせ面、ガスケットカスが付いてますので綺麗にして・・・


新品の部品を取り付け、バンパー等元に戻し、終了です。

今回の水漏れ、実はこの車の使われてた場所による影響が大きいと思われます。
所有者は積雪地方の出身の方でこちらに引っ越してこられました。
おそらく融雪剤の影響でパイプが錆びて漏れたと思われます。
今回も点検の重要性をあらためて認識しました。


  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年11月25日 16:18

代車紹介 ダイハツミゼットⅡ

カテゴリ:その他
前回の代車紹介でホンダビートを紹介したのですが
今になってハタっと気が付きました。

(うち、マニアな店と勘違いされるかも知れん・・・・。)

当社はファミリー向けの会社です。

お客様は家族連れで良くいらっしゃていただいております(;^ω^)

勿論、普通の車もご用意いたしております(^_^;)

でも珍しい車に試しに乗ってみたいという思いは

すご~く良く判ります。そんな訳でもう一台紹介♪


ダイハツミゼットⅡ ピックタイプ 平成9年式 A/T



元の色はシルバーだったんですがMINIのクリームホワイト色で全塗装
しました。ドアに可愛いイラストも付いてます(笑)

これで乗車定員2名!(でも男同士では乗りたくない)

某マニヤのお客様には「OH-1!」とか「ニンジャ!」と別名で言われております。



良く判りません。




初号機











  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年11月23日 16:01

代車紹介 ホンダビート WAKO`S RECS

カテゴリ:その他
お客様のお車をお預かりする場合、車を当社に持ち込んでもらう訳ですが(引き取りもしますw)

車預けたら帰りはどーしよ?

となる訳です。都会なら公共交通機関がありますけど、ここで代車が必要になります。

大きな会社なら新車でってなるんでしょうけど、
当社は下取りでいただいた車等を
整備し綺麗にして使ってます。
その中でも面白い車を一台ご紹介します。



ホンダ ビート E-PP1 平成3年式

走行17万㌔と多走行ですがエンジンO/H済で快調です。
勿論、5MTなんですが
昔、乗ってみたかった車だったとか
スポーツタイプのマニュアルの車に憧れてるお客様に好評です。

そのビートをリフレッシュ。



WAKO`SのRECS(速効性吸気系洗浄システム)でエンジンをリフレッシュ。

長年乗ってきて溜まった吸気系統のカーボンを掃除します。



アイドリングが安定しアクセルを踏み込んだ時の応答性が良くなりました。

10万㌔近く走られてるお車にお勧めしたいですね。



  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(2)

2017年10月27日 18:24

平成13年 プリウス NHW11 HVバッテリー交換

カテゴリ:修理


ハイブリッド・システム異常警告灯が点灯したお車です。
走行距離7万㌔未満のお車ですが、年式から考えると警告灯が点灯しても
不思議ではないですね。
早速、診断機を繋げてみると「HVバッテリ異常」と「SOC大」が出てます。
フリーズ・フレーム・データを見ても異常はHVバッテリで間違いない様です。

さて、昔はプリウスのバッテリ交換に50万位掛かるとか言われてた事があるんですが
今はリビルトという再生バッテリが用意されてまして、リーズナブルに
交換が出来る様になりました。今回のお客様もその点をご説明し、リビルト・バッテリで
交換する事になりました。

これが取り寄せたリビルト・バッテリ。


これ、結構、重いですw

車からバッテリを外します。バッテリはリヤシート下にありますのでシートを外します。
バッテリは高電圧ですので絶縁手袋をして慎重に外します。



古いバッテリと新しいバッテリ。全く同じ。再生品でも綺麗ですねw



車にバッテリを積み込みます。一人ではとても無理。二人掛りで積み込みます。



古い方のバッテリを見てみましょう。各セルを繋ぐ導体金具が錆びてますね。恐らく原因の
一つでしょう。


この後、シートを元に戻し、再度、診断機を繋ぎ試運転し無事、修理完了となりました。

ハイブリッド車も修理OKですのでお気楽にどうぞ♪




  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年10月03日 10:40

R60車検

カテゴリ:車検整備
R60車検はじめます。




実は車を持つって意外と面倒くさい?

確かに修理や車検、点検。税金に保険。

車が汚れたら洗いたいんだけど、車の屋根が高くて洗いにくいし・・・。

些細な事でもご相談下さい。


  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年09月08日 10:00

スバル サンバーバン TV1型 エアコン修理

カテゴリ:修理
朝もめっきり涼しくなってきました。今年の夏も暑かった~。当工場内では扇風機を回してしのいでるのですが、
仕事中、作業着もシャツも汗でびしょびしょになります。

夏の車のトラブルといえばエアコン。
今回、スバル サンバーバン 走行距離172千㌔のこの車もエアコンの効きが悪いとの事で入庫しました。
冷える時もあるとのお客様のお話です。エアコンが何故冷えるのか?
エアコンは気化熱の仕組みを使っています。例えば汗をかいて、
汗がひいてくる(乾いてくると)と涼しく感じるかと思います。これは汗が蒸発する際に周辺の熱を奪っていくからなのです。
液体が気体に変化するときにはエネルギー(潜熱)が必要で、そのエネルギーを周辺から奪う(吸熱する)のです。
もちろん気体が液体に変わるときには逆に熱を周辺に放出(発熱)します。

マニホールドゲージを繋げて低圧と高圧側の圧力を見ましたがほぼ異常無し。
エアコンガスが抜けてる訳では無いようです。圧力差も問題ない事からコンプレッサー、エクスパンション・バルブも
トラブル候補とは言えないでしょう。
車の下回りを覗いて


熱を周辺に放出(発熱)する場所、コンデンサーを見ます。家庭用エアコンで言うと室外機ですね。
車の場合、ラジエーターとコンデンサーがサンドイッチになってる場合が多いです。
このサンバーバンは運転席と助手席の下に付いていて下からしか見えません。
ファンが二つ付いていて両方とも回ってます。左がコンデンサーファン。右がラジエーターファン。
コンデンサーに風を通して放熱させているのはコンデンサーファン+ラジエーターファン。
エアコンOFF時のエンジン冷却はラジエーターファンのみの作動。
コンデンサーが汚れていても冷えは悪くなるのでスチーム洗浄機で洗ってみましたがダメ。
うーんと再度、下から覗いて悩んでるとラジエーターファンの回りがおかしい事に気が付きました。
ファンモーターのお尻を点検ハンマーで叩いてやると前よりも勢い良く回ります。
これか!時々冷えるというお客様からの情報とも合います。つまり走行中スピードを上げると
コンデンサーに当たる風も強くなるので不安定な回転をするファンでも
なんとか冷えてたという事でしょう。夏場エアコンを入れてれば、コンデンサーファンは
回るのでオーバーヒートも防げたのかな?

ファンモーターを取り換えるのですが、この車は少々厄介でw
ファン・シュラウドごと取り外すのですがこのシュラウドを止めてるネジが見えないw
コンデンサー側のシュラウドを外すのに先ず助手席下のサービスホールから工具を入れて・・・



奥のネジ、ラチェットの振り子スペースも確保出来ないのですが、実はこのラチェット、新兵器で
柄の軸を回すと先端のボックスが回転するという優れもの!あって良かったPROXXONラチェットw

難なく(あったけど)交換終了。さてエアコンON・・・・・。まだ今一冷えが悪い・・・・。
修理完了ならず!

今度は運転席で悩んでるとどうも風の出が悪い様です。
ブロアモーターか?いや音は正常だし。エバポレーター?いや何年前かこの車、エバポレーター漏れの
修理をしてる・・・。
エバポレーターというのは「そのエネルギー(熱)を周辺から奪う(吸熱する)」役割をする部品です。
もしやと思い、取り外してみると


写真中央、配管が繋がってる奥がエバポレーターの取り付け場所




すごい汚れてる・・・・。
これでは風も通らず、吸熱もしずらかったでしょう。エアコンクリーナーとエアブロウで掃除して
組み付け。再度テスト・・・・。ようやく冷える様になりました。良かったー。

今の車はエバポレーターの手前にエアコンフィルターが付いてエバポ本体が汚れるのを
防いでいますがこの車は付いていません。だからこれだけ汚れるんですね。
今回はトラブル原因が複合したケースでした。


  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年08月31日 13:19

マツダ ロードスター 平成19年式 NCEC型 走行異音

カテゴリ:修理
8月も終わりです。毎年、お盆休みには家族旅行をするんですが、今年は長野の善光寺、地獄谷野猿公苑、小布施へと行って来ました。



冬の雪景色に温泉に入る猿。夏は流石に入ってませんでしたw 
海外でも有名らしく外国人観光客が多いのですが冬に行こうと計画されてる方にご忠告w 
冬は万全の装備で行って下さい。案内には下の駐車場から歩いて
30分程と書いてありますが、50分は掛かると思って下さい。しかもアップダウンがあります。
冬場は特に足元が悪いので足の不自由な方や高齢の方には結構厳しい環境です。

さて、旅行中でも会社の電話を転送状態にしてますが、そんな中、電話が一通。
ロードスターにお乗りのお客様から、走行中、異音がするとの事。
車に詳しい方らしく、左リヤのハブベアリングかららしい。休み明けに
入庫してもらう事で了解をいただきました。

さて、休みが明けて見てみましょう。


一緒に試運転してみると、どうやら左フロントのハブからの音の様です。
お客様も確認いただき、ジャッキアップしてタイヤを手でカラ回ししても???音がしない?
リヤ側はスピードテスターに乗せてエンジン掛けて回しても音が
しないから間違いなくフロント側なので車を預かり、ハブを交換します。
タイヤを外し、ディスクブレーキも外しての状態で手で回してみてやっと異音が確認出来ました。


フロント側はディスクパッドが絶えずローターに擦れている状態ですので
音が確認しずらかったんですね。


左右とも新品のハブに交換します。


試運転して静かになった事を確認。無事に納車されました。
  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年07月15日 12:00

セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート2

カテゴリ:修理カテゴリ:その他

映画「Uボート」より

「漏れが止まりません!艦長!」



すいませんw 実はこのセリカの友人と6月に蒲郡港に来た海上自衛隊の
潜水艦を見学に行ってきたんですw

潜水艦「まきしお」の乗組員の皆さん、色々とお話し聞かせてもらって
ありがとうございましたwその中で潜水艦映画の話題になり、面白いのは
「レッドオクトーバーを追え」と「Uボート」だそうですw

さて、無事にヒーターコアとバルブの交換も終わりました。

冷却水も入れ、耐圧試験をしてみます。冷却系統にはエンジン始動状態では
常に圧力がかかってます。それを人為的にかけてテストしてみます。





ラジエーターから漏れてきました・・・・。

車の水漏れ、特に古い車は厄介です。水漏れを一か所直すと
次に弱くなってるところから漏れ出すんです。まさにモグラ叩きの様な。
セリカの持ち主である友人にもこうなる可能性は伝えてたのですが。


ラジエーターを取り外しました。これなら修理でいけます。
修理後のラジエーター


よし、これで止まったか?
再度、圧力テストを





ラジエーター・ロアホースから漏れ出しました(泣)


「漏れが止まりません!艦長!」

ラジエーター脱着にはホース交換もすれば完璧なのですが、
何せ古い車です。
部品が無いもの思い、清掃して組み付けたのですが駄目か?
部品屋に問い合わせしてみると在庫があるとの事、助かったw

これでようやく、漏れが止まりました。
でもこれで修理が終わった訳ではありません。
室内に漏れてた冷却水はどこに?



室内床はベトベト状態。内貼りのマットは腐ってます。
これをそのままにしておくと悪臭や錆びの元になります。ボロボロに
なったウレタンマットは切り捨てて床を掃除します。

運転席側
勿論、もう内貼りマットは部品としてありませんので、
ホームセンターで買ってきたウレタンマットを床に合わしてカットアンドペースト。



水漏れによるオーバーヒートの後遺症、サーモスタット作動不良や
ヘッドガスケットの吹き抜けも無く、これで無事に修理完了となりました。










  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年07月13日 11:02

セリカ 昭和50年式 TA27 水漏れ パート1

カテゴリ:修理カテゴリ:その他
私の友人のセリカです。旧車ですね。昭和50年式のLB。昔、憧れた車です。


(決して当社は旧車専門店ではありませんw)
タイヤ交換と「助手席ドアからサラサラと異音がする」との事。
一緒に乗って音を確認する事に。
音がしてるのはドアからでは無くセンターコンソールからしてます。
サラサラ音は水が流れてる音の様です。冷却水が減って空気が冷却系統に
入り込み、ヒーターコア内に入り込んでるからこんな音がするんです。
非常にまずい状態です。水温計を確認すると針は中央付近に
あり、まだオーバーヒート状態にはなってないみたいです。
音の原因は判りましたが水漏れしてる場所はどこでしょう?
助手席に座ってる状態で足元のカーペットを触ってみると濡れてる!
ヒーターコアからの音でもしやと思っていましたが
一番厄介な場所、ヒーターコアそのものから漏れてるみたいです。


下の写真はヒーターバルブ。この奥にコアがあります。
ヒーターコアとは文字通りヒーターの部品です。
エンジンの冷却として使う冷却水を室内まで引き込んで風を通して
暖かい空気を室内に行き渡らせます。
室内にある部品ですが、これが非常に
奥まった場所にあるのです。セリカはどうでしょうか?
しかもこの車は42年前の車。部品があるのか?



先ずは漏れてるヒーターコアを外して状態を見なければとバラシます。



これは駄目です。修理が出来ないほど傷んでます。
すでに部品屋さんから部品は無いと返事を貰ってます。
どーしよ?
最後の頼みの綱、Google先生にお伺いをたてると・・・・。
ヤッター!豊橋の業者さんが持ってるそうです。
早速、連絡してヒーターバルブもついでに送ってもらう事に。
探してみるもんですな~~。



さあ、これで修理完了かと思いきや、古い車特有のモグラ叩きが始まるのでした。

  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)

2017年07月01日 07:00

カットモデル エンジン ディスクブレーキ ドラムブレーキ

カテゴリ:その他


前回の記事でカットモデルを紹介したので、今回はウチで作ったカットモデルを全部紹介します。

車は多くの部品の集合体です。その一つ一つに名前が付いているのですが知らない人が聞いたら
チンプンカンプンで何処やら何やら判りません。メカニックとしてもお客様に説明するのに
一々部品の付いてる場所や役割やら説明すると、これも話が長くなる、何が何やら余計に
判らない説明になってしまいますw
そこでカットモデルがあればと思った訳です。メカニック特に整備士の資格を持ってる方には
学校や養成所で見慣れてる物ですが、あれ買うと意外とお高いらしいですw

それなら作ってしまえ~!という事で解体車やら乗せ換えたエンジンを使ってメカニック全員で
手が空いてる時にコツコツと作りました。

ただ、よく説明する機会のある部分に限っております。

ダイハツ ミラ EF型エンジン

今のエンジンの基本形を殆ど備えてるエンジン。取り敢えず点火系から燃料系、メカ系は説明出来ます。

 どの車から外したか忘れましたw  フロント・ディスクブレーキ

ディスクブレーキの定番形。

これも忘れましたw  リヤ・ドラムブレーキ

ホイールシリンダもカットしてます。
ついでにタイヤのパンク修理もw


当社の待合室に飾ってますが、お客様が良く覗かれてますw



  


Posted by yahagi-ohagi │コメント(0)